職業指導員

先輩社員インタビュー

障がい福祉サービス事業所
きらぼし
職業指導員

更葉園の好きなところ
利用者とふれあいを通して、施設内に明るい空間が生まれてくる!

仕事内容

職業指導員として現場では、利用者の方に対しての作業指導や利用者の方のケアや支援を行うことや、作業の流れを把握して工程管理を行っています。事務的な仕事だと、日々の業務日誌の入力 ・ケース記録の入力 ・個別支援計画の作成 ・モニタリング ・月末棚卸作業といったようなこともしていきます。

更葉園で働く魅力

普段の作業やたまにある行事など、障がい名は同じであっても、その方々で接し方(話し方や対応の仕方)が違う事、利用者の方が各々個性を持っていて、100人100色であるから、毎日時間は同じように流れていかないところが魅力であると思います。

スケジュール

8時30分
出勤
8時35分
入居者の皆さんにご挨拶
報告事項や各作業場の一日の予定を共有していきます。また週の開始は利用者の全体朝礼があります。
8時55分
利用者作業前体操
9時00分
各作業場毎の利用者朝礼、作業開始
各作業場毎に本日の作業内容の確認、作業を行なって行く上での注意点の共有を行います。
10時15分
〜10時30分
利用者休憩
談笑をして楽しんだり、水分補給をこまめに行なってもらいます。
15:00~15:15の間にも休憩を挟めながら、現場での作業を行なってもらいます。
12時00分
〜13時00分
お昼休憩
食事の介助や服薬の確認を行いながら一緒に給食を食べます。
16時55分
各作業場毎の利用者終礼
共有事項などがあればその周知や明日の作業予定を連絡します。作業場の後片付けや清掃作業を行ない作業を終了します。
17時15分
職業指導員ミーティング
各作業場毎での作業進捗や特記事項などの報告を行います。ミーティング後は自分が担当している利用者の今日の様子や作業内容等の日誌の入力を行います。
17時50分
職員全体終礼
17時55分
退勤

休日の過ごし方

休日は、アウトドア(旅行やキャンプ)をしたり、インドア(映画鑑賞やゲーム)をしたりして過ごしています。

求職者へひとこと

今まで未経験の方だと、利用者の方とどのように接すれば良いのかが分からないと思いますが、まずは普通に接していくことが大事だと思います。 社会の基本「挨拶をする」「お礼を言う」などを介して、利用者の方に認識してもらい、そこからコミュニケーションが生まれてくると思います。

職種紹介

  • 障がい者支援施設せせらぎ

    サービス管理責任者

  • 障がい福祉サービス事業所きらぼし

    職業指導員

  • 小規模多機能型居宅介護事業所きずな

    介護員

  • 地域密着型特別養護老人ホームきずな

    ユニットリーダー